オリックス銀行カードローンの審査は甘い?とれとも厳しい?

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが多重債務者が対象なので、通常のカードローンよりも審査が厳しく貸付金利が高いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スターオリックス銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

銀行では、おまとめローンという商品は少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

オリックス銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

オリックス銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

おまとめローンの審査でつまづいている人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

複数の金融業者から借金をしていると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務をする人は借入可能額が低いために借入れ件数が増えたのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

埼玉りそなオリックス銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

りそなオリックス銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですがオリックス銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

現在借りている金融機関に返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

オリックス銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

引用:オリックス銀行カードローン審査が甘くなった理由は?【審査基準】

なぜならば、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスがある金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいのでオリックス銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですがオリックス銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですから可能な限りカードローンは住宅ローンの審査を受けるまでに解約しておきましょう。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納なく返済していればプラス評価になります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある人は、同じ金融機関で住宅ローン審査を受けたほうがお得になることがありますよ!おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、オリックス銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など該当します。

いずれも特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトであれば消費者金融とオリックス銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いので初めておまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。