住宅ローンアドバイザーの問題とは?

住宅ローンアドバイザーの効果測定には計算問題が出題されます。
今まで学校でおこなわれていた数学は苦手...という方でも心配することはありません。
住宅ローンアドバイザーの効果測定では、計算能力を求められるということではなく、住宅ローンを組むにあたって必要になる金利などに関連した計算式についてだったり、計算する上で必要な言葉を理解しているかどうかを確かめられるのです。
実際の計算をするにあたっては電卓を使用することが出来ますし、解答は選択式になっているので、自力で細かい計算をするという必要はありません。
計算問題に使われている言葉に関しては、やはりしっかりと勉強して理解しておかないと難しいので、専門用語が何を指しているかを知っておく必要があります。
住宅ローンは学生でも借りられる?親子リレー返済!【借入時の年齢は?】