化粧水の使い方を工夫してみませんか?

化粧水は、ただ付ければ良いというわけではありませんので、ニキビが出来やすいという方は、化粧水の使用方法が誤っている可能性もありますよ。
化粧水は、手で付けているという方とコットンを使って付けているという方が居ると思いますが、コットンを使った方が、より保水効果が高まるでしょう。
お肌の奥まで浸透させるためには、コットンを使った方が良いですから、顔全体に浸透させるために、最初にコットンを使用します。
コットンを使うと言っても、お肌を傷つけない様に、優しくお肌を滑らせていくことが大切です。
コットンを使ってパッティングした後で、手のひらを使って、化粧水をなじませていくのです。
顎から上に向かってパッティングした後は、顎から頬に向かってパッティングします。
目元も、シワが出来やすい部分であり、デリケートですから、しっかりと水分を与えるために、コットンに化粧水を染み込ませて、まぶたの上に置いた状態でしばらく時間を置きます。
お肌が乾燥していると感じた時や冬場には、コットンを使って、パックをすると良いでしょう。
化粧水を染み込ませた状態で、コットンを顔全体に貼るだけで良いのです。
その上で、使用する化粧水についても自分の肌に合ったものを選ぶ事をおすすめします。