ローン一本化銀行でできる?!

貸金業規制法の改正によって1社から50万以上もしくは複数社から100万以上のキャッシングをする場合は年収を証明する書類が必要ですが、逆説的にとらえればそれ未満であれば年収証明が必要ないと言うことができます。

ですが、それより小額でも年収証明できるほうが好ましいかもしれません。 一般的に現状の借入先以下の金利の会社に借り換えを行うのは、ほとんどの場合でお得になる方法です。多くの借入先がある時は、借り換えを行ってローン一本化銀行ですることができれば、積極的に借り換えを行ってください。

借入先をローン一本化銀行でまとめることにより、返済先が一箇所で済むため、忙しくても返済忘れがなくなりますし、高い額の借り入れになって、金利が下がる場合もあるでしょう。 何に利用するかは審査等に影響せずにローン一本化を銀行で組める、それがカードローンの手軽さの一つではないでしょうか。その資金を何に使うのか問われた際、返せる見込みのある目的であれば返せる見込みがあると判断されれば内容は問われません。

ただ、「生活費の為」というのは毎月困っているのかと不信感を与えるので言わないようにしましょう。法律で禁止されてはいませんが、現在借入をしている分の返済も言語道断です。他のことで評価が良くてもその理由で審査は通らなくなるでしょう。